CORESERVERに最新版WordPressを設置

投稿時点でCORESERVERの管理画面から設置できるのは3.6系だったので、手動で3.8系を設置した際の覚え書き。WordPressのインストールを参考にした。

手順1:ダウンロード・解凍

CORESERVERにSSHでログインに記載のとおりリモートログインし、直接ダウンロード・解凍した。

$ ssh firewheel@m40.coreserver.jp
> mkdir ~/tmp
> chmod go-rwx ~/tmp/
> cd ~/tmp/
> wget http://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
> cd ~/public_html/
> tar -zxf ~/tmp/latest-ja.tar.gz
> mv wordpress/ blog

手順2:データベースとユーザの作成

管理画面(https://ss1.coressl.jp/www.<サーバ番号>.coreserver.jp/jp/admin.cgi)の「データベース」、「MySQLの追加・編集」で行う。文字コードは必ず「UNICODE」にすること。また、データベース名とデータベースユーザ名はユーザ名そのもの、あるいはユーザ名とサフィックス以外に選択できず、例えばPhpMyAdminのようなクライアントで後から追加できないので注意。

手順3:wp-config.php の設定

下記のとおり手動で行った。

> cd blog/
> mv wp-config-sample.php wp-config.php
> vi wp-config.php

上記に加え、投稿時点ではCORESERVERはPHPがセーフモードで運用されているので、Divenavi and Okinawa34さんのサイトの記載を参考にし、いくつかのファイルをCGIとして実行できるように.htaccessファイルを作成した。

> vi .htaccess
> vi wp-admin/.htaccess
> exit

手順4:ファイルのアップロード

手順1でサーバ上に展開済みなので、スキップ

手順5:インストールスクリプトの実行

手順3でwp-config.phpを設定済みだったので、設定ファイルの作成は行われず、すぐに詳細情報の入力に進んだ。

コメントをどうぞ