CORESERVERのメール設定

CORESERVERにSMTPs/IMAPsでメール送受信する際のメールクライアント設定の覚え書き。このサイトの場合、firewheelが<ユーザ名>、m40が<サーバ番号>に相当する。

CORESERVEの新仕様のサーバーへのマイグレーションに伴い、SSL/TLS用メールサーバー名の修正を行いました。また、iPhoneの設定もiOS 11用に修正しました(2017年10月29日)。

Thunderbird

  • 「ツール」→「アカウント設定」の「サーバ設定」での設定。

    サーバ名
    <サーバ番号>-coreserver-jp.value-domain.com
    <サーバ番号>.coreserver.jp
    ポート
    993
    ユーザ名
    <ユーザ名>@<サーバ番号>.coreserver.jp
    接続の保護
    SSL/TLS
    認証方式
    通常のパスワード認証
  • 「ツール」→「アカウント設定」の「送信(SMTPサーバ)」での設定。対象となるサーバを選択し、編集。

    サーバ名
    <サーバ番号>-coreserver-jp.value-domain.com
    <サーバ番号>.coreserver.jp
    ポート番号
    587
    接続の保護
    STARTTLS
    認証方式
    通常のパスワード認証
    ユーザ名
    <ユーザ名>@<サーバ番号>.coreserver.jp

iPhone(iOS 711

  • 「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」「アカウントとパスワード」→「(対象となるアカウント)」→「アカウント」での設定。

    ホスト名
    Thunderbirdにおけるサーバ名
    ユーザ名
    Thunderbirdにおけるユーザ名
  • 「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」「アカウントとパスワード」→「(対象となるアカウント)」→「アカウント」→「SMTP」での設定。対象となるサーバを選択。

    ホスト名
    Thunderbirdにおけるサーバ名
    ユーザ名
    Thunderbirdにおけるユーザ名
    SSLを使用
    ON
    認証
    パスワード
    サーバポート
    587
  • 「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」「アカウントとパスワード」→「(対象となるアカウント)」→「アカウント」→「詳細」での設定。

    SSLを使用
    ON
    認証
    パスワード
    IMAPパス接頭辞
    /
    サーバポート
    993

コメントをどうぞ